SHR方式の脱毛の特徴とは

shr方式

脱毛サロンによっては、毛根部分のタネのような物にダメージを与える方式を採用している事があります。いわゆるSHR方式です。
SHRによる脱毛の場合、あまり痛みは強くありません。多彩な肌に施術を行えるメリットもあります。

SHRによる脱毛の仕組み

SHR方式の場合、連続的に光を当てていく点に特徴があります。しかも1つの種に集中的に光を当てるのではなく、複数本を包み込むように光を当てる施術が行われます。

体毛の根元の部分には、球根の種のような物があります。植物も、根元の球根が残っている状態ですと、茎などが生えてくるでしょう。植物を完全に除去したい時は、根元の球根部分を取り除く必要があります。体毛もそれは同じで、根元の球根に働きかけない事には、完全に除去できません。

そこでSHR方式では、光を根元の部分に当てていく訳です。根元に連続的に光を照射して、ダメージを与える方式になります。ある意味、カメラのストロボの光を連射するようなイメージです。ストロボの光を1回だけ照射してもあまり強い効果はないので、何回も照射する訳です。

しかもSHR方式の場合、1つの球根だけに光を照射するのではなく、複数の体毛に働きかけます。例えば横1列に体毛が3つある時は、SHRなら3つ同時に光を照射する訳です。他の方式ですと、体毛に1本ずつダメージを与えていく事になります。

色々な肌や体毛に施術を行える

ところで冒頭でも触れた通り、SHR方式は多彩な肌や毛に施術を行えるメリットがあります。例えば白髪です。SHR方式であれば、たとえ体毛が白くてもダメージを与えることができます。

他の方式の場合は、白髪では脱毛が難しいことも多々あります。脱毛のフラッシュの光は、黒い色に反応する性質がありますから、白髪では効果が発揮されない事が多いです。ですがSHR方式なら、体毛の色は関係ありません。あくまでも根元の球根部分に働きかけるので、白髪でも効果を発揮してくれる特徴があります。

それと日焼けです。多くの脱毛サロンでは、日焼け肌に対する施術は断っています。肌の黒い色は、フラッシュの光を吸収してしまいますから、火傷する可能性があるからです。ですから秋頃の時期などは、なかなか施術を受けられない事があります。しかしSHR方式は、たとえ日焼けしていても施術を受けられるのです。あくまでも肌の毛根部分に働きかける訳であり、肌の色は関係ありません。

施術で激痛は生じない

それとSHR方式は、痛みも強くはありません。若干の温感はありますが、決して激痛が生じる方式ではありません。他の脱毛の方式ですと、激痛を伴ってしまうことはあります。根元の部分の温度が極めて高くなってしまい、ゴムで弾く時のような痛みを伴う事もありますが、SHR方式はせいぜい70度前後です。激痛を伴いづらいので、安心して施術を受ける事ができます。

SHRの脱毛のデメリット

ただしSHR方式にもデメリットはあって、若干効果を実感しづらいという声も多いです。少なくとも施術を受けた当日に、目に見える効果が発揮される方式ではありません。他の方式ですと、施術を受けた当日中には体毛が抜け落ちる事も多いです。しかしSHR方式の場合は、効果が出るのは少々時間がかかります。それだけに、人によっては若干物足りないと感じていることもあります。

またSHR方式では、永久脱毛は難しいです。この方式の場合、それほど実績は豊富ではありません。それだけに、SHR公式で永久脱毛できるかどうか断言するのも難しいです。しかし、それでもSHRを選んでいる方も多いです。何しろ多彩な肌に効果を発揮してくれますし、施術で激痛を伴うわけでもありませんから、痛みが気になる方にはおすすめです。