クリニックと脱毛サロンのどちらで脱毛した方が良いか

クリニックかサロン

毎日ムダ毛の処理をしているという人は多いでしょう。寒い季節は肌を出すことは少ないですが、暑い季節になって薄着になると、肌の露出が増えるために体中のムダ毛が気になってしまいます。

頑張ってカミソリやシェーバーなどでムダ毛を処理しても、次の日にはチクチクした毛が生えてきてしまいますのでがっかりしてしまいます。

最近では自己処理から解放されてツルツルの肌になりたいと思い、脱毛をする人が増えてきています。部分的な脱毛をするのではなく、全身脱毛をする人も増えています。

脱毛を考えた時に、脱毛サロンとクリニックのどちらで施術を行えばよいか迷ってしまう人もいるかもしれません。

脱毛サロンの施術

脱毛サロンの施術は、弱い光を肌にあてます。なので長い期間施術に通わなければなりません。大体毛がなくなるまでに15回ほどの施術が必要です。毎月通ったとしても1年以上かかることになります。

最近ではショッピングセンターの中にある店舗もあります。車で通う人は、駐車場もショッピングセンターの駐車場を使用できるので便利です。駅の近くの店舗を選べば、電車で通うのが楽です。自宅から遠いサロンを選んでしまうと、通うのが苦になってしまうこともあるので気を付けましょう。

脱毛サロンでは弱い光をあてるために、施術の痛みが少ないというメリットがあります。肌に炎症が起きてしまうリスクも少ないです。施術後に美容成分の入ったローションを塗ってお手入れして貰えるところも多く、サロンならではのサービスを受けることができます。なので痛みに弱い人やお子さんにはお勧めです。

しかし脱毛サロンの施術は、産毛の様に毛が細い人には効果が高いですが、毛が太くて量が多い人はなかなか効果を感じられないということがあります。

クリニックの医療脱毛

剛毛の人や、仕事や育児などで忙しくて短期間で施術を終わらせたいという人にお勧めなのがクリニックの医療脱毛です。ここでは強い光を肌にあてますので、5回ほどの施術できれいに毛が抜けます。

また永久脱毛が出来ますので、施術がすべて終了すれば二度と毛が復活しないというメリットがあります。脱毛サロンの施術は、減毛効果しかありませんので数年後に毛が復活してしまうからです。

それでは医療脱毛の方が良いのではと考える人もいるかもしれません。しかし医療脱毛にはデメリットもあります。それは施術が痛いということです。脱毛器をあてると、輪ゴムで強くはじかれたような衝撃があります。

痛みに耐えられそうにないという人は、麻酔クリームや笑気麻酔などが用意されていることが殆どですので、医師に相談してみてください。麻酔を使用するのは不安かもしれませんが、歯医者でも使われている麻酔ですので、それほど心配はいりません。

どうしても麻酔は使いたくないという人には、ソプラノなどの蓄熱式の脱毛機で施術して貰うという方法もあります。蓄熱式の脱毛機なら、かなり痛みを抑えることができるからです。痛みよりも熱さを感じる程度で済みます。効果もしっかりと感じられるでしょう。

けれども気を付けなければならないのは、蓄熱式の脱毛機は置いてあるクリニックが少ないということです。なので申し込む前に、蓄熱式の脱毛機を置いてあるクリニックかきちんと調べることが大切です。

医療脱毛は、強い光をあてる為に施術後に肌が火傷の様になってしまうことがあります。そのような場合はすぐに医師が診察をしてくれて、薬を処方してくれますので安心です。

最近の傾向では、サロンよりクリニックを選ぶ女性が増えてきています。やはり少ない回数で短期間に終了することや、永久脱毛ができるメリットなどがあるからでしょう。大阪や東京など全国各地でクリニックが人気急上昇中です。参考:大阪で永久脱毛できるクリニック

大阪や東京など大都市になると、流行に敏感な女性が永久脱毛を求めてクリニックを選びます。痛みが気になる方が脱毛サロンを選ぶといった印象です。

脱毛サロンとクリニックではそれぞれ一長一短があります。なので自分の希望に合った方を選ぶと良いです。

脱毛をしてツルツルの肌になれば、自己処理から解放されて自分に自信が持てるようになるでしょう。