クリニックと脱毛サロンのどちらで脱毛した方が良いか

クリニックかサロン

毎日ムダ毛の処理をしているという人は多いでしょう。寒い季節は肌を出すことは少ないですが、暑い季節になって薄着になると、肌の露出が増えるために体中のムダ毛が気になってしまいます。

頑張ってカミソリやシェーバーなどでムダ毛を処理しても、次の日にはチクチクした毛が生えてきてしまいますのでがっかりしてしまいます。

最近では自己処理から解放されてツルツルの肌になりたいと思い、脱毛をする人が増えてきています。部分的な脱毛をするのではなく、全身脱毛をする人も増えています。

脱毛を考えた時に、脱毛サロンとクリニックのどちらで施術を行えばよいか迷ってしまう人もいるかもしれません。

脱毛サロンの施術

脱毛サロンの施術は、弱い光を肌にあてます。なので長い期間施術に通わなければなりません。大体毛がなくなるまでに15回ほどの施術が必要です。毎月通ったとしても1年以上かかることになります。

最近ではショッピングセンターの中にある店舗もあります。車で通う人は、駐車場もショッピングセンターの駐車場を使用できるので便利です。駅の近くの店舗を選べば、電車で通うのが楽です。自宅から遠いサロンを選んでしまうと、通うのが苦になってしまうこともあるので気を付けましょう。

脱毛サロンでは弱い光をあてるために、施術の痛みが少ないというメリットがあります。肌に炎症が起きてしまうリスクも少ないです。施術後に美容成分の入ったローションを塗ってお手入れして貰えるところも多く、サロンならではのサービスを受けることができます。なので痛みに弱い人やお子さんにはお勧めです。

しかし脱毛サロンの施術は、産毛の様に毛が細い人には効果が高いですが、毛が太くて量が多い人はなかなか効果を感じられないということがあります。

クリニックの医療脱毛

剛毛の人や、仕事や育児などで忙しくて短期間で施術を終わらせたいという人にお勧めなのがクリニックの医療脱毛です。ここでは強い光を肌にあてますので、5回ほどの施術できれいに毛が抜けます。

また永久脱毛が出来ますので、施術がすべて終了すれば二度と毛が復活しないというメリットがあります。脱毛サロンの施術は、減毛効果しかありませんので数年後に毛が復活してしまうからです。

それでは医療脱毛の方が良いのではと考える人もいるかもしれません。しかし医療脱毛にはデメリットもあります。それは施術が痛いということです。脱毛器をあてると、輪ゴムで強くはじかれたような衝撃があります。

痛みに耐えられそうにないという人は、麻酔クリームや笑気麻酔などが用意されていることが殆どですので、医師に相談してみてください。麻酔を使用するのは不安かもしれませんが、歯医者でも使われている麻酔ですので、それほど心配はいりません。

どうしても麻酔は使いたくないという人には、ソプラノなどの蓄熱式の脱毛機で施術して貰うという方法もあります。蓄熱式の脱毛機なら、かなり痛みを抑えることができるからです。痛みよりも熱さを感じる程度で済みます。効果もしっかりと感じられるでしょう。

けれども気を付けなければならないのは、蓄熱式の脱毛機は置いてあるクリニックが少ないということです。なので申し込む前に、蓄熱式の脱毛機を置いてあるクリニックかきちんと調べることが大切です。

医療脱毛は、強い光をあてる為に施術後に肌が火傷の様になってしまうことがあります。そのような場合はすぐに医師が診察をしてくれて、薬を処方してくれますので安心です。

最近の傾向では、サロンよりクリニックを選ぶ女性が増えてきています。やはり少ない回数で短期間に終了することや、永久脱毛ができるメリットなどがあるからでしょう。大阪や東京など全国各地でクリニックが人気急上昇中です。参考:大阪で永久脱毛できるクリニック

大阪や東京など大都市になると、流行に敏感な女性が永久脱毛を求めてクリニックを選びます。痛みが気になる方が脱毛サロンを選ぶといった印象です。

脱毛サロンとクリニックではそれぞれ一長一短があります。なので自分の希望に合った方を選ぶと良いです。

脱毛をしてツルツルの肌になれば、自己処理から解放されて自分に自信が持てるようになるでしょう。

ストラッシュは複数の料金プランを選べて割引のチャンスが豊富なのが魅力

sutorassyu

長い歴史を誇り高い脱毛効果を期待できるIPL脱毛、痛みの少ない最新のSHR脱毛を駆使してさまざまな肌質や毛質に対応。ムダ毛を効率的の処理できるのがストラッシュの魅力です。

そんなストラッシュでは、全身脱毛とSパーツ、Lパーツに分かれた部分脱毛を選ぶことができます。特に注目は61ヶ所、基本プラン内に顔とVIO脱毛が含まれている全身脱毛です。

他のサロンでは安価だと謳っていても、これらの部位の施術に別途料金がかかるケースが少なくありません。しかし、ストラッシュの全身脱毛であれば、提示されている料金内で全身を丸ごと綺麗にすることができるため、脱毛が初めてで隅々まで綺麗にしたいかたにとっては予算を組みやすいのが魅力です。

全身脱毛の料金プランはパックプラン、月額プラン、そして都度払いプランが用意されています。パックプランは6回、10回、12回、18回、無制限から選べ、都度払いは1回ずつ、どちらも一度の施術で全身の照射を行い、2週間から1ヶ月に1回脱毛が可能です。

月額プランは月々7,980円で無制限で施術を受けることができます。通い続けるほどに高額になりますが、契約に縛りがありませんので、いつでも好きなタイミングでやめられるプランです。ただし、パックプランと異なり、1回の来店で照射できるのが全身の4分の1に留まる点には注意が必要になります。

月に2回通えば2ヶ月で全身1回分の施術になり、一度の出費が控えられるというメリットがある反面、コンスタントに通い続けても完了までに時間と手間がかかるというのがデメリットです。予算や通いかたを考え、どのプランが得かよく検討をした上で利用をすることが大切になります。

なお、部分脱毛は全17ヶ所が対象となっているSパーツ、9ヶ所のLパーツから、毎回施術部位を指定して1回ずつ脱毛できるようになっています。
全身脱毛は必要なく気になるところだけ集中的にケアをしたいかた、1回ずつの施術で満足をしたらすぐにやめられることから、費用をできるだけ抑えたいかたに向いているプランです。

また、パックプランに関しては、最大で30%安く利用できる3つの割引を受けられるチャンスもあります。予約が取れない、痛みに耐えられなくなった、そうした不満から他店から乗り換えたかたが対象となるリベンジ割は、証明となる他店の会員証や契約書を提示することで適用される割引です。パックプランで6回から18回までが10%、無制限が30%オフになり、分割ローンを利用している場合には初月が無料になります。

学割は文字通りに学生が対象で、契約時に学生証などで身分を証明できれば、卒業後も継続して割引料金で施術を受けることが可能。割引対象はリベンジ割と同様にパックプランのみで、やはりパックプランが18回まで10%、無制限だと30%割引となります。

ペア割の割引対象も、リベンジ割や学割と同じです。来店時に友人や家族と一緒に2人以上で来店をすることが条件で、契約に関しては1人でも割引対象になります。カウンセリングに着いてきたかたが脱毛をする予定がなくても適用となりますので、誰かに声をかけて一緒に話しを聞きに行きましょう。

他の2つの割引キャンペーンの対象外というかたは積極的に活用をしてください。痛みを感じにくいSHR脱毛を受けられる上、短い周期で施術が受けられるストラッシュでは、全身脱毛だけではなく部位脱毛も可能です。

パックプランと月額プラン、そして1回ごとの都度払いを選べますが、リーズナブルな上に短期間で施術を完了できること、シェービング代がかからないこと、割引キャンペーンの対象にもなっていることから、特にパックプランが人気となっています。

ストラッシュではカウンセリングが丁寧に行われていますので、よく相談をして料金面の不安を解消をしてください。自身に合っている適切なプランで、快適な肌を手にいれましょう。

SHR方式の脱毛の特徴とは

shr方式

脱毛サロンによっては、毛根部分のタネのような物にダメージを与える方式を採用している事があります。いわゆるSHR方式です。
SHRによる脱毛の場合、あまり痛みは強くありません。多彩な肌に施術を行えるメリットもあります。

SHRによる脱毛の仕組み

SHR方式の場合、連続的に光を当てていく点に特徴があります。しかも1つの種に集中的に光を当てるのではなく、複数本を包み込むように光を当てる施術が行われます。

体毛の根元の部分には、球根の種のような物があります。植物も、根元の球根が残っている状態ですと、茎などが生えてくるでしょう。植物を完全に除去したい時は、根元の球根部分を取り除く必要があります。体毛もそれは同じで、根元の球根に働きかけない事には、完全に除去できません。

そこでSHR方式では、光を根元の部分に当てていく訳です。根元に連続的に光を照射して、ダメージを与える方式になります。ある意味、カメラのストロボの光を連射するようなイメージです。ストロボの光を1回だけ照射してもあまり強い効果はないので、何回も照射する訳です。

しかもSHR方式の場合、1つの球根だけに光を照射するのではなく、複数の体毛に働きかけます。例えば横1列に体毛が3つある時は、SHRなら3つ同時に光を照射する訳です。他の方式ですと、体毛に1本ずつダメージを与えていく事になります。

色々な肌や体毛に施術を行える

ところで冒頭でも触れた通り、SHR方式は多彩な肌や毛に施術を行えるメリットがあります。例えば白髪です。SHR方式であれば、たとえ体毛が白くてもダメージを与えることができます。

他の方式の場合は、白髪では脱毛が難しいことも多々あります。脱毛のフラッシュの光は、黒い色に反応する性質がありますから、白髪では効果が発揮されない事が多いです。ですがSHR方式なら、体毛の色は関係ありません。あくまでも根元の球根部分に働きかけるので、白髪でも効果を発揮してくれる特徴があります。

それと日焼けです。多くの脱毛サロンでは、日焼け肌に対する施術は断っています。肌の黒い色は、フラッシュの光を吸収してしまいますから、火傷する可能性があるからです。ですから秋頃の時期などは、なかなか施術を受けられない事があります。しかしSHR方式は、たとえ日焼けしていても施術を受けられるのです。あくまでも肌の毛根部分に働きかける訳であり、肌の色は関係ありません。

施術で激痛は生じない

それとSHR方式は、痛みも強くはありません。若干の温感はありますが、決して激痛が生じる方式ではありません。他の脱毛の方式ですと、激痛を伴ってしまうことはあります。根元の部分の温度が極めて高くなってしまい、ゴムで弾く時のような痛みを伴う事もありますが、SHR方式はせいぜい70度前後です。激痛を伴いづらいので、安心して施術を受ける事ができます。

SHRの脱毛のデメリット

ただしSHR方式にもデメリットはあって、若干効果を実感しづらいという声も多いです。少なくとも施術を受けた当日に、目に見える効果が発揮される方式ではありません。他の方式ですと、施術を受けた当日中には体毛が抜け落ちる事も多いです。しかしSHR方式の場合は、効果が出るのは少々時間がかかります。それだけに、人によっては若干物足りないと感じていることもあります。

またSHR方式では、永久脱毛は難しいです。この方式の場合、それほど実績は豊富ではありません。それだけに、SHR公式で永久脱毛できるかどうか断言するのも難しいです。しかし、それでもSHRを選んでいる方も多いです。何しろ多彩な肌に効果を発揮してくれますし、施術で激痛を伴うわけでもありませんから、痛みが気になる方にはおすすめです。

RINXメンズ脱毛について(体験談)

rixメンズ体験

今回はRINXで施術してもらった顔全体(ヒゲ)のレーザー脱毛について、『効果』『痛くはないの?』『施術方法』『料金』等について体験談を書いていきます。まず最初に、なぜ脱毛しようと思ったのかを説明します。

自分の顔が童顔なのに青ヒゲが酷くなってきて少しずつコンプレックスに感じる様になり、青髭のない綺麗な顔になりたいと願って思い切って脱毛しようと考えました。それから後日RINXに行き色々相談し説明を聞き終えた後にパッチテストを膝の辺りで行い、遂に私は計20回のコースを選択し青髭との別れを決意しました。

そして20回の施術が終え、ズバリ皆さんが一番気になっているであろう『効果』ですが。”脱毛最高?!!”って気分になりました。青髭はすっかり無くなりもう毎日カミソリで髭を剃ることも無くなりました。

正直私も、開始当初はこんなので髭がなくなるのかな?と思っていましたが回数で言うと、個人差はあると思いますが5・6回目の施術から変化を感じる事ができ、それ以降施術してもらうのが楽しみになるくらいで、施術を終えた今では大満足しています。

『痛くはないの?』これは、私が体験したのはレーザーによる脱毛方法で、RINXでは男性専用の痛みを抑えてくれる機械を導入しておりますが、今回私は脱毛が初めてでしたので他の方法や機械との比較は出来ないので素直な感想を述べると、やはり髭が濃いところは痛みがあり慣れるまでは少し我慢が必要でした。

レーザーは髭の黒い部分に反応するので仕方ないのですが、技師がしっかりと冷やしながら施術をしてくれますので、もし痛いのが辛い時などは技師に長めに冷やしてもらう様にお願いしたりしていました。ただこれが回数をこなしてくると段々と髭が薄くなってくるのと同時に痛みも軽減してくるので最初だけの我慢です。

個人差はあると思いますが施術後赤みが出る事があるみたいなのですが、私は特に施術後肌に変化はなく気になることはなかったです。

『施術方法』はまず施術台に仰向けに寝て、安全の為に目隠しをしレーザーを照射する部分を保冷剤のようなもので355秒程冷やして照射を行うことの繰り返しです。施術が終われば照射した部分に鎮痛剤の冷たいジェルを塗り5分ほど待ちます。私は顔全体施術していましたので全施術時間は約15?20分程度で一部分だけであればもっと短い時間で施術出来ます。

『料金』については、まずカウンセリングやパッチテストまでは無料なので少しでも気になる人は是非行って話を聞いてみる事をオススメします。
どの部分を脱毛するかによるのですが、正直そこそこ料金は高額になります。私は顔全体の脱毛を行い総額16万円ほどかかりました。

最初の一回だけ80%オフや11回以降割引等はありますが、でも高いですよね…そこで正直迷ったのですが、冷静に考えてみると毎月のカミソリの刃の値段も高いよな?とかシェービングクリームも買ってるしと考えたら年間で15000円くらい使っていました。

そうすると脱毛して髭がなくなれば10年で元が取れるのかと考えるとそこまで高くないのかなと感じ、いやでも高いな?となかなか思い切る事が出来ませんでした。

そこで髭がなくなると毎日髭を剃るという行為すらする必要がなく、どこか旅行や出張に行く際も何も気にする事がないことに気付いた時に、人生の中で毎日髭剃りに掛かる時間も削減できるなら自分にとって高い料金を払って脱毛を行うメリットが大きいと思いました。なので提示される料金は高額ですが長い目で見ればそこまで高くないと思います。

また支払い方法も分割や月額制等もあるので一度足を運んで料金のシュミレーションもしてもらうといいと思います。

今回脱毛の体験談を書きましたが、本当に脱毛してコンプレックスがなくなり人生が明るくなりました。さらに気持ちからか肌が綺麗になった様にも思えます。なので髭に悩んでる人は思い切って脱毛という選択肢も考えて見てみることをオススメします。

高校生におすすめの脱毛方法はコレ!最適な自己処理方法も紹介

高校生脱毛思春期である、中高生にとってムダ毛の悩みは深刻です。同年代の集団の中で生活する学生時代は、他者の目が気になって当然ですよね。
気になるムダ毛の処理も慣れてしまえばどうということはありませんが、間違った自己処理で肌を傷めてしまうこともあります。

そんな高校生の脱毛事情やおすすめの脱毛法などについて紹介します。肌質や毛質はそれぞれ違います。
紹介した脱毛法も合う人合わない人があると思います。自分の肌の様子を観察しながら、最適な方法を探してくださいね。

高校生にとって脱毛の悩みは絶大

脱毛・高校生とネット検索すると、色々な情報がでてきます。まず目に飛び込んでくるのは、サロンなどの永久脱毛を推奨する記事。そしてそれと同時に、高校生で永久脱毛は早いのでは?という記事です。

昔の永久脱毛はとても高額だったので、一般の人は受けられませんでした。現在はサロン脱毛の価格が驚くほど安くなったので、高校生でも受けたいという人が多いようです。高校生の2割がサロン脱毛を経験しているという記事もありましたね。(実際はわかりませんが)

思春期が早まっていることを考えると、脱毛の悩みも低年齢化しているのは事実です。早ければ小学校高学年、普通でも中学生になればほとんどの女の子が脱毛に関心をもっているでしょう。

高校生が永久脱毛するのは早い?早くない?

まず、高校生が永久脱毛することについて考えてみたいと思います。まだ早いという意見、早い方がいいという意見どちらもあるようですね。サロン側の宣伝目的記事が多いこともあり、早い方がいいという内容が目につきます。

私の個人的意見としては、悩みが深くて将来的には永久脱毛を考えているという人はサロン脱毛を試してみた方がいいと思います。高校生なので年齢的に、永久脱毛効果が持続するかどうか?と、お金がかかることなので親の理解が得られるか?という2つをクリアできれば問題は無いでしょう。

高校生ならアルバイトもできますので、お金の面でもなんとかなるかもしれませんね。

おすすめの自己処理脱毛方法

現在の高校生は忙しいですよね。部活と勉強の両立だけで精一杯なのではないでしょうか?ほとんどの高校生が部活に入っています。(部活入部率98~99%という学校は多いです)運動部や吹奏楽部ならバイトする時間はないでしょう。(勉強する時間すらない子もいます)つまり、勉強やバイトをしたい子は文化部へという流れですね。忙しい学生達は、サロンに通う時間も惜しいので自己処理するしかないでしょう。おすすめの脱毛法を部位別に紹介していきます。個人差がありますので、必ずしも正解ではありません。試しながら様子をみて自分で判断してくださいね。

【ワキ】

いちばん気になる部分ですね。とはいえ、彼氏がいなければ…それほど気にしなくてもいい部位です。毛が太いので、電子シェーバーなどはちょっと怖いです。普通に女性用T字シェーバーでキレイに剃れます。ちょっと高めのものを奮発するとより綺麗に剃ることができますよ。じょうずに剃るコツは、お風呂で温まってからシェービングフォームや石鹸の泡をつけて剃ること。あまり頻繁に剃ると肌を刺激しますので、毎日剃ったりはしないように!

【手足】

この部分は毛が細いので、電子シェーバーもしくは電子脱毛機をおすすめします。電子シェーバーは2,000~3,000円程でじゅうぶん良い商品があります。剃る機能(シェーバー)・抜く機能(電子脱毛機能)・バリカン機能・角質落とし機能など多機能が付属したものもあります。剃刀は直接刃が肌に触れますが、電子シェーバーなら肌には触れません。その分剃り味はおとるのかもしれませんが、じゅうぶんな効果はあります。毛が細くて痛みに強く肌も弱くなければ、脱毛機能を試してみてもいいでしょう。抜くと次生えるまで数日はツルツルのままですし、生えてきてもチクチクすることがないのでおすすめします。ただし、清潔な状態で使用してその後のケアもしっかりとすること。毛穴が点々と赤くなったり、処理した後炎症が起きた時は使用を中止しましょう。

【背中やうなじ】

背中やうなじは自分ではできません。うなじは剃ると不自然なので、処理しないほうがいいでしょう。背中も同様で、気にしすぎることはありません。もし、どうしても気になるならば…背中は電子シェーバーで家族に剃ってもらいましょう。

【VIOライン】

この部位も自己処理は難しいですね。水着が着れない、彼氏に恥ずかしいなどの理由がある場合は、サロンや医療脱毛を検討してもいいかもしれませんね。どうしてもサロンに通えない場合は、フェイス用の電子シェーバーで必要な部分だけを注意しながら剃りましょう。そして社会人になってから、プロに任せるのが最適です。

【顔】

顔は、フェイス用のシェーバーがおすすめです。
どうしても気になる鼻の下や眉間、眉の下部分などに留めておきましょう。
高校生の間は、産毛もチャームポイントなのでむやみにいじらないほうがいいでしょう。
大学生や社会人になってメイクをするようになってから、処理することを考えればいいと思います。

高校生の脱毛の悩み まとめ

サロン脱毛は2~3年間続ける必要があります。それでも(おそらく)完璧に脱毛できるとは限りません。医療脱毛は半年~1年位です。そう考えるとなるべく悩みが深いなら早いうちから通った方がいいと思います。

それほど悩んでいない人なら自己脱毛で処理すればいいと思います。社会人になると、ムダ毛で悩んでいる人はほとんどいません。自己処理しているのか、永久脱毛しているのかはわかりませんが皆さん上手くやっています。

高校生の頃は大きな悩みに思えたことも、年齢を重ねると小さな悩みだったと思えることはたくさんあります。自分に合った方法を探してみることも大切です。今回紹介した脱毛法が、ひとつの参考になれば幸いです。

メンズのVIO脱毛をして感じたメリットやデメリット

メンズ脱毛

私は、現在23歳のメンズです。昔から毛深くて、それがコンプレックスで、すねや腕の毛を昔からカミソリで剃っていました。
もちろんVIO部位の毛もとても多くて、特に夏には蒸れてしまってすごく不快でした。
また、彼女と性行為をするときも、毛の多さに少しびっくりされることもありました。
正直、不衛生だし、なんとかならないものかと思っていました。
しかし、VIOというのは、繊細な場所ですし、自分でするのには気が引けていました。
そんな時に出会ったのが、医療脱毛でした。そこで、今回は実際に医療脱毛をした私が感じたVIO脱毛のメリットやデメリットについてご紹介したいと思います。
この記事を見て、VIO脱毛をご検討してみてはいかがでしょうか?

メンズVIO脱毛のメリット

VIO脱毛をして感じたメリットは、4つほどあります。
まず、先ほど述べた夏場に蒸れる問題ですが、とても快適に過ごすことが出来ます。
夏場は涼しいレベルです!また、それと同時に不衛生という問題も解決されました。
蒸れるということが無くなった分、匂いが臭くなることも無いですし、部屋や服に付いていたあの縮れた毛も落ちているなんてことはなくなりましたね!
また、生なましいメリットになるのですが、彼女との性行為の時に、感度も上がりますし、清潔なので可愛がってもらえます!
最後に、大きなメリットが自信がついたと言うことです。VIO脱毛をしている方の多くは、コンプレックスに思っている人もいるはずです。
それに対して、脱毛をすることで、自信を持てましたし、不思議と街を堂々と歩くことが出来ています。

メンズVIO脱毛のデメリット

デメリットは、特に無いのですが、挙げるとしたら2つほどあります。まず、日本人の中にツルツルであるということがとても少数派だということです。
海外などでは、エチケットとしてツルツルにするのが当たり前になっているのですが、日本では、銭湯などですごく注目を浴びてしまいます。
少しずつツルツルにしているメンズが増えてきているとはいえ、まだまだです。もう一つが、費用の問題です。
単純に脱毛エステに通うことになるので、軽く見積もっても何回か通うので10万以上はかかってきます。
もちろん継続的に通うことにもなるのでいくらかかるかは人によって違うとは思うのですが。

デザインVIOという選択肢

先ほど述べた、日本人のツルツルにすることへの抵抗を感じている人は多いと思います。個人的にも少し抵抗がありました。
その際に新たな選択肢として考えて欲しいのが、デザインVIOという選択肢です。少し、毛が生えている部分を残すということです。
具体的には、Vラインを残して、IOラインを綺麗に脱毛することです。私自身、こちらを選択しました。
とても満足してますし、デザインできるので、銭湯などで変な注目を浴びることもありません。
また、女性へのアンケートでもツルツルのVIO脱毛よりも、デザインVIOの方が好印象を受ける方が多く、男らしさを感じることができるデザインVIOはとても良い選択肢だと思います。

【最後】メンズのVIO脱毛について

いかがでしたか?今回は、私自身が体感したVIO脱毛のメリットやデザインVIOというものをご紹介しました。
昔の日本ではあり得なかったとは思うのですが、腕毛やすね毛を気にする若い世代が増えてきて、ムダ毛処理というのは、メンズも行うのが当たり前になってきました。
その中で、VIOも脱毛するメンズが少しずつ増加傾向にあります。
海外などでエチケットとして行われてきたこのVIO脱毛が少しずつ受け入れられていることは清潔感や衛生面という意味でも良いことだと思います。
VIO脱毛をご検討されている方はぜひ、この記事を参考にしてみてください。

介護脱毛っていったいなに?流行している理由は?

介護脱毛

介護脱毛という言葉が誕生しています。これは自分の老後をみすえて早めにアンダーヘアを含むVIOを脱毛する人がいるからです。
年齢が若いうちに脱毛して、自分が介護される側になったときの負担を減らす狙いがあるのです。
自分が自由に動ける40代のうちに処理を済ませようと考える人は珍しくなりつつあります。

介護脱毛は介護をスムーズにする狙いがある

介護脱毛はVIO脱毛をすることで介護の負担を減らすためのものです。VIOのムダ毛があると、ムレが発生しやすく汚れたときに手入れをする手間が増えてしまいます。
自分の家族や、施設に入った時に介護してくれる人の手間を考えて脱毛を考える人が増えていて、介護脱毛と呼ばれるようになったのです。
ポイントになるのが20代や30代といった若い層ではなく、40代や50代の女性が受けることが増えていることです。脱毛は水着などを着る際に、あるいは恋愛をした時を気にして脱毛をする人ばかりではなくなっています。
全身脱毛よりも費用がかからないのもハードルを下げる理由になっています。

40代から50代にかけて介護が現実的になることが多いことも理由に

40代から50代女性が介護脱毛を気にするようになるのは、実際に介護に回ることが珍しくないからです。実際に介護をしないと違いがわからないことが多く、年齢が若いほど意識されないためです。
実際に介護をすると排泄物の処理のために苦労をすることが多く、ムダ下の処理の大切さが身に染みるという人もいます。自分が苦労しているからこそ脱毛しておこうと考える人が増えやすいのです。
年齢を重ねると体が動きにくくなっていき、将来について考える人も珍しくなくなります。実際に自分の未来を考えて脱毛を選ぶ人もいます。
女性は平均寿命が長いからこそ介護される未来を考えた方が良いのも現実で、意識的に動く女性が増えているのです。
体の自由や経済の余裕がなくなってからでは脱毛が難しくなるため、早めに処理するという人も珍しくなくなりつつあります。

脱毛にかかる費用や手間の変化も影響している

介護脱毛に注目が集まっていますが、脱毛のハードル自体が低くなっていることにも理解が必要です。
キャンペーンなどで格安で脱毛が受けられる機会も増え、機器の進歩で痛みなども軽減されつつあります。
脱毛自体が身近になっているため、気軽に脱毛しやすい環境も生まれているのです。年齢を重ねても美容を気にして脱毛をする人もいるため、介護脱毛なのか美容脱毛なのか判別がつかない場合もあります。
若いうちに全身脱毛とセットでVIO脱毛をしておけば手間が省けると考えることもできます。ムダ下の処理自体をストレスに感じる人もいるため、日ごろの手入れの手間を省くために処理してしまうのも方法になるのです。
男性が入れない環境を作るなど、受信の環境自体に気を使う脱毛クリニックや、脱毛サロンも増えています。口コミなどで脱毛サロンなどの情報は簡単にチェックできるため、自分好みの脱毛方法を探す人も多いのです。

介護脱毛を受ける際の注意点は?

介護脱毛を検討する場合は注意すべき点もあります。これは脱毛サロンなどで施術を受けても永久脱毛が目指せないことです。永久脱毛を目指すのであれば医療用のレーザーなどを利用する必要があります。
サロンではなく脱毛クリニックでなければ、一時的に脱毛ができてもまたムダ毛が生えてくる恐れがあるのです。
毛根の破壊を含む、ムダ毛が生えなくなるようになる処置をするには医師免許が必要になります。仕組み自体が違うため、サロンで永久脱毛はできないのです。
また、永久脱毛を目指すのであればしばらく脱毛に通う必要があることもポイントになります。